Domaine Daniel-Etienne Defaix

Daniel-Etienne Defaix(ダニエル=エティエンヌ・ドゥフェ)は シャブリで
も最も古いブドウ栽培とワイン醸造地の一つを所有しています。その中でもヴ
ュー・シ
ャトーは800年の歴史を持っています。16および17世紀には、彼の祖先が既
にアヴァロ ン地方のド・フェ・シャトーにてワインを醸造していま
した。今から千年前、ポンティニーの修道士たちが偉大なブドウ畑の土壌を
選択 し、シャブリの銘柄が生まれたのですが、18世紀以降、祖先のエティエン
ヌ=ポール・ドュ・ジェール・ド・ラ・クロワ・ド・フェがそのブドウ栽培とワイン
醸造 の伝統をシャブリ地方で継続していきました。今日、修道士から生まれた
偉大な呼称と代々受け継がれてきた伝統は、
Daniel-Etienne Defaix
によって守られています。

シャトー・ ドゥフェのブドウ畑とクリュ :

26ヘクタールのシャルドネ種ブドウは、シャブリ地方独特の「キ
メリジャン」と呼ばれるジュラ紀層の小さな牡蠣の化石が多く含まれた、石灰
粘土質の泥灰土上で栽培されています。


ポンティニーの修道士たちが手掛けていた畑は、日当りの良い南東向き
に傾斜した丘で、朝早くからの光を浴びる場所でした。 これは収穫の80%を失う
可能性にもつながる春先の凍害を防ぐ利点となっています。私たちはこの
特別な場所での栽培を今日でも続けています。クリーンで健康的な
ブドウ畑は品質の高いブドウ、すなわちワインを生みだすという確信
に基づき、ブドウ畑での作業は現在でも伝統的に行われています。

ヴュー・シャトーでは、伝統に従って最も古い銘柄である以
下のクリュを生産しています。

キュヴェ二種 : ヴィエイユ、トレ・ヴィエイユ・ヴィーニュ
プルミエ・クリュ三種 : レ・リス、ヴァイヨン、コート・ド・レシェ
グラン・クリュ二種 : ブランショ、グルヌイユ

     

ヴュ・シャトーにおけるワイン醸造


私たちのワイン造りには数々の秘密と配慮が込められています。

- 若い粒や乾燥して腐ったブドウを取り除いた、適度に熟したブドウの収穫。
- 3時間かけた圧搾でキュヴェを選別し、「テート・ドゥ・キュヴェ」と
呼ばれる最上品質のワインだけを保存。
- 18時間の入念なデブルバージュ(自然に澱引きを実施)。
- 3週間の低温(18度)での酵母によるアルコール発酵で、ブド
ウのフローラルな側面と天然グリセロールをキープ。
- ボトル内での再発酵を防ぐため、マロラティック発酵を実施。

Daniel-Etienne Defaixの独自の醸造スタイル  :

ワインと澱のバトナージュ(攪拌)は亜硫酸を添加することな
く、マロラティック発酵により発生した炭酸ガスととも
に18ヶ月間の間、毎月行われます。

「自己消化」と呼ばれるこの酵母の自己破壊が、テロワール特
有の香りとともにワインを豊かにするのです。酵母の自己消化は
熟成するにしたがい、ワインにより一層の豊かさや、第三そして新
鮮な果実のアロマを与え、そのほかにもワインの粘度を形成し、香りの
余韻と戻り香の潜在力を強化します。清澄と濾過は行わない場合
もあります(期待しているものを取り除くことはしません)。瓶詰め
には窒素ガスを使用しています。


瓶詰めされたワインは、リリースされる前に6ヶ月から12ヵ月
間セラーで寝かされます。この時点でシャブリは2年、プルミ
エ・クリュは4から6年の時を経ています。


Daniel-Etienne DEFAIXは年間17万本を生産し、そのうち50%は
イギリス、ベルギー、イタリア、ドイツ、アメリカ、レ
バノン、トルコ、南アフリカなどの外国へ輸出し、残
る50%はフランス国内のレストラン500軒(ミシュランの
星付きレストラン、ルレ・エ・シャトー加盟レストラン、個
人経営のシャトーおよびホテル)、ワイン専門店や個人のお
客様に販売しています。